読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットコースターロリポップ

にじゅっさい イロイロ

じぃじとばぁばがほんとに仲良しで幸せで涙が出た

f:id:b__log10:20170221181910j:image

 

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やってしまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

って毎回なるのに、余計なことばっかりツイッターに書いちゃうな

こんなブログ書くのも余計なことなんだろう(;o;)ね〜

 

退院してから明日で1週間経つけど、じぃじとばぁばにこれでもかというくらい甘やかされてる‥‥

ほんとに、5歳のこどもになったみたいに 朝起きて聖書読んで、お昼寝したりお絵描きしたり、朝昼晩おいしいご飯でてくるし、こんなんでいいのかなと思うくらいのんびり過ごしてるけど 精神科の先生にいいって言われてるんだからいいんだよね。みんなが20歳の春を満喫してる中、自分だけ家で寝て過ごしてるって考えると焦ってきちゃうけど

うん

なんでこんなんなっちゃったんだろー

もっとしっかり者のともちゃんになるはずだったのになー

 

f:id:b__log10:20170221184212j:image

 

にゃーたろう

ぽてぽてかわい〜

 

じぃじとばぁば本当に仲良くて、おうちにいてたくさん笑ってる。

自分の家帰ったら家族で話してて笑うことなんてほぼ無いのにな

 

あったかいよーー。ひだまりみたいなおうちだよーー

じゅうろくさい

ちんともだよ

f:id:b__log10:20170217094522j:image

 

今日は嫌な怖い夢を見て、泣き叫んで起きた。ばぁばが背中さすってくれて落ち着いた。。5時半に1回起きたのに、やることなくて二度寝したのがダメだったな〜

 

何も考えなくていい時間は楽。常に考え事が頭の中で飽和状態だから、何も考えないでいられるのは眠ってる間くらいしかなくて だからとにかく眠りたいし、嫌なことを一瞬でも忘れられる快楽を覚えてからは誰かと一緒に寝てる時間が唯一安心できる自分の居場所だと思ってた。

高校の頃一番仲良かった友達(本人にはショックだった事も伝えて和解済み)に、ツイッターの裏アカウントで「あの子は本当に好きで付き合ってるんじゃなくて、セックスしたいだけにしか見えない」って言われたのがずっと忘れられなくて、それを見た時は そんなことない!って傷ついたけど、きっと気づいてなかっただけで当時は本当にそうだったんだろうな。

調布駅の交差点飛び出そうとしたり 階段わざと転げ落ちたり 土砂降りの中河川敷で泣き喚いたり、とにかく生きるために16歳の私は心配されることに必死だったよね。。学校もやめずによく頑張ったよ、頑張った頑張った偉い

 

最近自分がつらい原因を父親のせいとか人のせいにするのをやめようと頑張ることをやめたら楽になってきた

 

だって、“今”だけ考えれば 幸せじゃないことなんてないんだもん〜

ともは嫌なこと考えないで、大好きな人といっしょに生きたいよ〜

この怪我が新しいスタートだったし、おばあちゃんちに住み始められたし、お母さんや弟や彼氏や友達の存在のありがたさを改めて感じられました!と、全部ポジティブに捉えたい

 

そういえば家の中なら松葉杖もつかずに歩けるようになりました、嬉しいね〜

ミオヤマザキに感銘を受けたりしないから私は絶対メンヘラじゃない

ちんともだよ

人から「メンヘラ」と言われる機会が多くて、そのたびにその言葉は軽率だ、とか本当のメンヘラを分かってない、とか言い続けてきたんだけど、ここまで言われるとわたしってもしかしたら本当にメンヘラなのかなと思い悩んで、ついに先日YouTubeで“メンヘラ”と検索してみた。

出てきたのがこれ。ミオヤマザキ

ツイッターリツイートとかで回ってくるから名前は聞いたことあったけど曲を聴いたことは1回も無くて、いやタイトル分かり易すぎるだろと思って試しに聴いてみました。

 

 

ちょっと1回みんなも聞いてみてね。わたしこの曲の歌詞みたいなこと一切思わないし共感できないから絶対メンヘラじゃないんだよね。。

 

f:id:b__log10:20170211172031j:image

f:id:b__log10:20170211172038j:image

 

⬆︎メンヘラっていわゆるこういうのですから、ちんとも違うから!勘違いしないでくれよ〜

 

感受性が人より少し豊かだっただけで他人からメンヘラとか言われたくない ちんともまじおこ。

死にたくないしめっちゃ生きたい。生きるために頑張ってんじゃんって〜。ば〜か

 

 

明日また外出許可出て 実家の猫に会いに行くのと 髪を染めに行くので超気分いいんだ 今(╹◡╹)

男が会計してる隣で財布出さずに突っ立っていられる女の図太い神経が欲しい

にんげん

今日は15時くらいから入院中最後の手術。手術っていっても骨を固定してるワイヤーを抜くだけだから30分もかからないで終わるらしい。

とりあえず一番嫌だった“点滴の針を刺す”関門は抜けたからあとは待つだけ、来週くらいからやっと地に足つけるようになる〜

 

ところで 約1ヶ月半くらい彼氏とデートしてないわけだけど、入院中ということもあって関係がプラトニックなの。超プラトニック。中学生みたいな。結局のところ男女のお付き合いなんて性欲で成り立ってんだろ、というひねくれた考えが根本にあったので エッチしなくても仕事終わりと休日に欠かさず会いに来てくれる人って愛なんじゃないかと思うわけです。これは自惚れじゃね〜よ〜〜 のろけ、ただののろけ

 

でね、まぁ入院中暇でさ、色んな方のブログサーフィンしていた時に“男に奢られる時に何の申し訳なさも感じない女”について書いてる方がいて、アァアアアアそれな めちゃくちゃ分かるわ〜〜〜(;o;)となったの。

小学生の時に初めておじいちゃんとおばあちゃんに回らないお寿司屋さんに連れて行ってもらった時も、申し訳なさすぎてたまごしか食べられなかったような女なので。わたしは。

f:id:b__log10:20170208100403j:image

高校生の頃、某バーミヤンとか某コメダで働いてた時期があったんですけど(ちなみにどっちも社会不適合でバックれ辞めしました当時は本当にごめんなさい)、やっぱりカップルは来るわけです 特に高校生とか大学生くらいの。会計の時 最初から財布持ってきて男の隣で様子を窺ってる女もいれば、男から「奢るよ」の一言も無いのに財布出さずに隣に立ってる女もいる。前者はわかる、ていうか前者しかわからない。後者の女はなんなのか、奢られて当たり前だと思っているのか、おまえはなんだ、姫か。そりゃ男だって財布出せとは言えないから奢らざるを得ないよね。私はそんな女にイラつきながらも 奢られることに何の申し訳なさも感じない神経の図太さを羨ましいと内心嫉妬していました。だってずるいよ羨ましいよともだって金出さないでいられるならそれがよかったよー。しかも結局そうやって上手に男を立てて奢られて平然としてられる女が生きるのも上手いんだ。

それとさ 前者の場合でも、男が「奢るよ」って言ったのに「あぁ〜悪いよ、いいよぉ〜払うよぉ〜」って引き下がる女も馬鹿だなと思うよね。男が安いファミレスの店員の前で格好つけたんだから格好つけさせてやれよと。遠慮しちゃう気持ちも分かるけど。そこは男を立ててやりなさいよ。

奢る奢らない問題は付き合いたての学生カップルだとわりとシビアだよね〜 高校生とかで毎回カノジョとのデートでは奢ってます!みたいな男の子もちょっとキモいしなぁ

よっぽど顔面が可愛いなら話は全部変わってきますけどね、結局にんげん顔なのだ。

 

人間関係ってマジ大変。以上。今日も明日も頑張って生きような

「自分の子どもを平等に可愛いなんて思わないんだよ」

 f:id:b__log10:20170207110258j:image

 

この間病室で母と話してて、「○○さん家は4人子どもがいるけどあのお母さんは一番上のお兄ちゃんがいちばん可愛いんだって」とふいに言われた。何の話の流れでそうなったのか覚えてないけど。そこの家のお兄ちゃんはもう26歳くらいになってて今は渋谷か新宿だかで美容室の店長をやってるんだけど、子どもの頃は一番やんちゃで暴れん坊だったらしい。一番下の子はまだ高校生。

うちの母親は明らかに私より弟贔屓だったから昔から気づいてたことだけど 親が自分の子どもを平等に可愛いなんて思うことは無いよ。もしウチは兄弟みんな平等だって思う人がいるなら、そこのお母さんはよっぽどできた人間か、頭が弱くて気づいてないだけ。

まぁ実際弟は私の5つ下で明らかに私より顔も性格も可愛かったし、親が可愛がるのはしょうがなかったんだろうなって今は少しは許せるようになったけど。

弟が生まれてから、自分より年下の子どもが憎くて憎くてたまらなくて エレベーターとか電車とか、個室の中で小さい子が近くにいると 相手の親とか自分の親にバレないように、足を思いっきり踏みつけてた。とにかく自分より歳下の人間に対しての憎しみと苦手意識が強すぎて、街ですれ違うだけで睨みつけてた。中学校で職場体験ってみんなやると思うんだけど、私はなぜか一番やりたくなかった保育園に決まって。当時合唱部が同じだったののちゃんと2人で“なかよし保育園”にお手伝い行くことが決まったんだけど、本当に当日までやりたくないやりたくないってぼやいてたと思う。私はたしか3歳児クラスで、最初はうるせ〜お願いだから黙ってくれ〜 って思ってたのに 子ども達って本当に純粋で、いつの間にかわたしの膝の取り合いとか始めたんだよね。その時、あぁこの子たちはもう戦う対象じゃないんだ って気づいて、素直に子どもを可愛いと思った。初めて母性のカケラを拾ったのは中学2年生のあの日だよ。それ以降、弟に意地悪する回数も確実に減ったし もちろん街中で子どもを見ても憎たらしいなんて思わなくなった。20歳になった今は 弟は可愛いと思えるし、いつか自分の子どもが持てたら幸せだなあって思えるようになった。気づくのだいぶ遅いし まず自分が大人にならないといけないけどね

未だに幸せそうな家族を目の当たりにしたり 話しを聞くと 心のなかを暗い靄で覆い尽くされてしまうけど、一昨年くらいまでと比べたらだいぶ自分のなかで整理できるようになってきたかな と思う。

 

わたしの不幸話なんて読んでも面白くも何とも無いかもしれないけど、わたしはわたしのために書いてるからできるだけいっぱい見て欲しいよ。

 

高校3年生の夏に付き合ってた彼氏に「お前より不幸な人なんてたくさんいるよ」って言われたのを、中央線の電車内のアナウンスと一緒に何回も思い出す。「今まで大した苦労もせずに生きてきたあなたに言われる筋合いは全く無いよ」と思ったけど、私は何も言えないでヘラヘラ笑ってたよ。そしたらいつの間にか浮気されて終わりました。いっつも私は可哀想。そんなことない

 

愛情をたくさん貰って生きてなくても、愛されるのが上手で可愛い女になれることってあるのかな。愛されてるのを知ることが大切なんだってさ、人を信じなさいとか簡単に言わないでよ

 

ブログ書き始めて気づいたけど ほんとに頭の中で言葉がとめどなく溢れ続けて思考がずっと止まんないみたい、すごい、このパワーを別のところに向けたい(;o;)

こうやって書き出すのはだいぶストレス発散になってるや〜〜 もう1週間くらいパニックも起こしてないし。外でみんなと話してる自分と、自分のなかで自分と話してる自分が、はやくいっしょになればいいな

苺大福の中のイチゴはフワフワなおもちと甘いあんこに包まれてるくせに酸っぱくて可愛いからズルい

頭のなか

f:id:b__log10:20170206100456j:image

 

「男は35歳から」「女は25歳まで」

私のタイムリミットはあと5年だけど、同年代の男達は15年後に魅力が開花し始めるわけだよ。それってすごい怖いことじゃないか。今は自分達がチヤホヤされていい気分でいられるけど、歳を重ねるごとに女として見られなくなっていくの 怖すぎる。卑屈なババアにはなりたくないから、若いうちにたくさん愛されて自分に満足しておかないといけないんだろうな。30にも40にもなって愛されたい愛されたいじゃイタすぎる、気をつけよう〜〜今を生きような〜〜〜

 

今日は誰もお見舞い来なかったから1日中寝てた。入院生活だいぶ慣れちゃって、退院後ちゃんと社会に適応できるか心配。

両かかとの骨折だから退院して2ヶ月間くらい靴も骨折用のださめのスニーカーしか履けないのとても悲しい。車椅子乗ったとき、なるべく足元隠せるように可愛いブランケットをメルカリで探しています。

明後日手術だから明日採血〜 これが終わればリハビリ始まるけど、また点滴の針刺すの怖くて超嫌だ… リハビリも長くて嫌だよ〜 なんで普通に走ったり歩いたりできてたのが いきなり何もできなくなるの。ばか〜

毎日寝る前になると落ちてく感覚を思い出して 心臓がヒュッとなる

なんで飛び降りたんだか全然わかんない。しんどいマン

暗い話やめよ〜〜〜✌︎っ

 

苺大福の話なんですけど、苺大福の中のイチゴはずるい。ショートケーキのイチゴとは話が違うよ。ショートケーキのイチゴ達は生クリームの上にポンっと乗っかってるからたしかに目立つけど、剥き出しで何にも守られてないから相当な覚悟と苦労があると思うの いつ落ちるか分かんないし。かろうじてスポンジの間に挟まれてるイチゴたちは小さくカットされちゃってるしね、かわいそうだよ。その点苺大福のイチゴはいいご身分、餅と餡の二重の層で守られてる上に主役。しかも美味しい。ずるい、嫉妬しちゃう 苺大福のイチゴみたいな女になりたい

入院してからみんなお見舞いに苺大福持ってきてくれるからこの1ヶ月で6回くらい苺大福見た。結局好き、美味しんだもん、嫌いになれない、ずるい〜 わたし苺大福のイチゴになりたい〜 なる〜

人間めっちゃ怖いから毎日気合い入れないと外出れないし大人数の飲み会は怖い

ちんともだよ

f:id:b__log10:20170205162448j:image

 

小さい頃、ママと一緒に市役所とか銀行に行った時 難しそうな書類を書いてるの見て、大人になったらともかにもこの難しそうな書類の意味が分かるようになるのかなって将来のことすごく不安に思ってた。

でも気づいたら1人で不動産屋の契約にも行けるし住民票も取りに行けるしクレジットカードも作れるし、携帯ショップのお姉さんの言ってることも理解できるようになってたよ。

 

あと 幼稚園の時に、仲良かった友達がスカート履いてくるかズボン履いてくるかが気になって気になって、同じじゃないとどうしても嫌で泣きじゃくって、幼稚園のバス来ちゃう時間が近づいてて、結局その日の服を決められなくて幼稚園休んだことが何回もある。ママはいつもたくさん叱ったけどその後抱きしめてくれたんだよ。最初からぎゅうっーとしてよね。

 

こう、冷静に文章におこしてると、わたしは子どもの頃の記憶に固執しすぎてるんだなあっていうのが面白いくらい分かる。意識して初めて気づいたんだけど、1日に何回も何回もこどもの頃の記憶思い出してぼうっと考えてる。みんなもそうなの?

 

中学生くらいまでは、人と違うことが悪いこと、怖いこと、嫌われることだと思ってたから なるべく目立たないようにとにかく周りに合わせるのに必死で、自分が何だか全く分かんなかった。自分の本当に好きなものが何なのかも分かんなかった。

高校生になって16歳過ぎたくらいから今度は自分の中で渦巻く感情の我慢がついに出来なくなっちゃって、いつもギリギリの状態で生きてた。表面張力でなんとか保ってるコップ。すぐこぼれるからいつもみんなの前で普通を演じるのに必死だった。身体は大人になってくのに、愛されたいって欲求が太り過ぎて心だけ子どもに逆戻りしてくみたいな感覚。だから恋愛がうまくいった試しは無いし、正直寂しいから誰でも良かったし、人間関係もうまくつくれなかったよ。その代わり、だんだん自分の言葉を表現することができるようになって 好きなものと好きじゃないものが分かるようになってきたから、昔よりはともがともであることに疑問を抱かなくなったし、今仲良くしてくれてる人たちはありのままに近いとものことを認めてくれてる人たちなんじゃないかなって勝手に思ってる。わがままじゃないの、ずっと押さえつけてたものが今になって全部溢れちゃってるだけ、それがわがままなのかな、わかんないよ 誰か教えてほしいよ

 

“普通”は“没個性的”とは違う。“没個性”が今は一番怖い、自分が自分だと分かった時に 今度はそれを誰かに否定されるのが怖くなった。自信を持って私は私だと言える日はいつ来るのかな

ともは“普通”になりたかったんだよ。今より少しでいいから物事を楽観的に考えられたりとか人の目を気にせずに生きれたりとか、ビクビクしないで人と話ができたりとか、虚勢を張らなくても大丈夫なようになりたいとか。そういうこと

 

愛されたい認められたい許してほしい

街で赤ちゃんを見ると、心から羨ましいなって思っちゃう。赤ちゃんになってみんなから可愛がられたい、育ち直したい、愛してほしんだー

自分の悲しいこどもをずっと捨てられないままハタチを過ぎて。こども時代を思い出すのをやめれば少しは楽になれるってことも分かってるんだけど、本当に分かってるんだけど、難しいよー。

今が成長過程だから、一緒に生きてくれる人がいるから、なるべく悲しませたくないよ。愛していたいよ。5年後は落ち着いて暮らせるようになっていたいなぁ